私署証書の認証

EyeCatch私署証書認証 業務

私署証書の認証とは

私文書の作成者の署名、署名押印又は記名押印の真正(文書作成者が署名などをしたこと)を公証人が証明することをいいます。この公証人による証明により、その文書が作成名義人の意思に基づいて作成されたことが推定されます。

日本公証人連合会

私文書の作成者の代理人によって認証を求めることもできます。この場合、代理人が私文書の作成者の署名などが作成者によるものであると認めたことを証明すること(代理認証)になります。ただし、外国で代理認証を受けた私署証書を提出するとき、提出先が代理認証の有効性を認めないことがありますので、事前に、提出先に確認ください。

署名などのない文書は、認証できません。また、委任を受けていないのに、他人作成の文書の認証を求めることもできません。

外国文認証とは、外国語で作成された私署証書 サンプル に対する認証 又は 外国において使用される私署証書(日本語で作成された私署証書を含む)に対する認証をいいます。

認証を受ける文書への「外務省の公印確認・アポスティーユ」の要否をあらかじめ調べておいてください。

ワンストップサービスも利用できます。

ふじさん
ふじさん

公証役場で、公証人の認証、法務局の公証人押印証明及び外務省の公印確認またはアポスティーユを一度に取得できるサービスです。申請者の要請で、このサービスをご利用になると、法務局や外務省に出向く必要はありません。ただし、公印確認の場合は、駐日大使館・(総)領事館の領事認証を必ず取得する必要がありますので、ご注意ください。

必要書類

認証の対象となる「私署証書」は、クリップでまとめて、持参ください。

このほか、次の本人確認書類などを持参ください。

官公庁発行の顔写真付きの身分証明書 又は 印鑑登録証明書と実印

不動産の権利証・登記識別情報に代わるものとして、登記申請情報を記載した書面や登記申請の委任状に認証を受ける場合、身分証明書は、2点(運転免許証とパスポートなど)、必要です。また、その身分証明書に設定されている暗証番号が設定されているときはその暗証番号を事前に確認しておいてください。

  • 作成者甲作成の委任状と作成者甲の印鑑登録証明書
     委任状には、代理人乙に認証を受ける権限を与えるという趣旨の記載をし、作成者甲の実印を押捺してください。
  • 代理人乙について
     官公庁発行の顔写真付きの身分証明書 又は 印鑑登録証明書と実印
  • 法人の登記簿謄本(代表者事項証明書、現在事項証明書でも可)
  • 代表者甲について、法人代表印鑑証明書と実印 
  • 法人の登記簿謄本(代表者事項証明書、現在事項証明書でも可)
  • 作成者甲作成の委任状と作成者甲の法人代表印鑑証明書
     委任状には、代理人乙に認証を受ける権限を与えるという趣旨の記載をし、作成者甲の実印を押捺してください。
  • 代理人乙について
     官公庁発行の顔写真付きの身分証明書 又は 印鑑登録証明書と実印
  • 法人の登記簿謄本(代表者事項証明書、現在事項証明書でも可)
  • 法人の代表者作成の役職証明書と法人代表印鑑証明書
     役職証明書には、甲の役職を証明する趣旨の記載をし、法人代表者の実印を押捺してください。 サンプル
  • 作成者甲について
     官公庁発行の顔写真付きの身分証明書 又は 法人代表印鑑証明書と実印
  • 法人の登記簿謄本(代表者事項証明書、現在事項証明書でも可)
  • 法人の代表者作成の役職証明書と法人代表印鑑証明書
     役職証明書には、甲の役職 及び 甲の署名又は印影 を証明する趣旨を記載し、法人代表者の実印を押捺してください。 サンプル
  • 作成者甲作成の委任状
     委任状には、代理人乙に認証を受ける権限を与えるという趣旨の記載をし、作成者甲が署名し又は印鑑(上記の役職証明書の記載と合致しているものでなければなりません)を押捺してください。
  • 代理人乙について
     官公庁発行の顔写真付きの身分証明書 又は 印鑑登録証明書と実印
身分証明書

運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど、官公庁発行で、写真付きのものが必要です。

  • パスポートコピーの認証のときは、パスポート原本を持参ください。
  • 印鑑証明書、登記簿謄本、役職(在職)証明書の有効期間は、発行から3か月以内のものが必要です。

宣誓書(Declartion)のサンプル

運転免許証の写し

DECLARATION

I, the undersigned, do hereby solemnly and sincerely declare that the attached document is true copy of my driver’s license.
Date: 5th May 2022

Ginza Taro

卒業証明書

DECLARATION

It is hereby declared that the attached graduation certificate for Ginza Jiro issued by The University of Ginza is genuine, true and correct.
Date: 5th May 2022

Ginza Jiro

翻訳

DECLARATION

I am well familiar with Japanese and English languages and the attached document Family Register is true and faithful translation into English language.
Declared in Tokyo, Japan
this 5th day of May, 2022

Ginza Taro

パスポート

DECLARATION

I, Ginza Jiro, undersigned, do hereby solemnly declare that the information
contained in my current valid passport is as follows:

・Issuing Country:Japan
・Passport No.:456789
・Surname:Ginza
・Given Name:Jiro
・Nationality:Japan
 <略>

Ginza Jiro

サイン証明

サイン証明書

私 銀座太郎 の署名は、以下のとおりであることに相違ありません。

令和5年5月5日

  東京都〇〇区△△×丁目×番×号

SignOfTaro

和文宣言書

宣言書

添付の書類は、私の【卒業証明書】に間違いありません。

令和5年5月5日

  東京都〇〇区△△×丁目×番×号
銀 座 太 郎 印影

委任状のサンプル

委任事項の記載例

・私作成の次の文書([文書名])について、公証人の認証を受ける件

B:作成者が個人であるとき


 委任者
  東京都〇〇区△△×丁目×番×号
銀 座 太 郎 印影

D:作成者が法人であるとき

 委任者
  東京都〇〇区△△×丁目×番×号
   ▲▲株式会社
代表取締役 銀 座 次 郎 印影

F:作成者が法人役職者であるとき

 委任者
  東京都〇〇区△△×丁目×番×号
   ▲▲株式会社
●●部長 銀 座 三 郎 印影

委任者は、法人代表者ではなく、役職・在職者です。役職・在職証明書で証明されている印・サインで作成してください。

役職・在職証明書のサンプル

職印の証明
  • 甲は、公証人の認証を嘱託する権限を有することの証明
  • 次の職印は、甲が職務上使用しているものであり、厳重に保管されていることの証明

    ▲▲株式会社
代表取締役 銀座太郎 印影

署名の証明
  • 甲は、公証人の認証を嘱託する権限を有することの証明
  • 次の署名は、甲が職務上使用しているものであることの証明

    ▲▲株式会社
代表取締役 銀座太郎 印影

手数料

外国文の一般的な文書( Declaration など)の手数料は、1件、11,500円基本手数料5,500円プラス外国文加算6,000円)です。そのほか、文書の種類などにより手数料は異なりますので、詳しくは次の説明をご覧ください。

Power of Attorney9,500円
Declaration, Certificate11,500円
Agreement, DEED8,500〜17,000円(目的価額により異なります
宣誓認証17,000円(文書の種類にかかわらず一律の額

いずれも、外国文加算6,000円を含んだ金額です。また、アポスティーユや外務省の認証を付与するときも、金額は同じです。

委任状3,500円
戸籍謄本や在籍証明などを内容とする宣言書5,500円
契約書など2,500~11,000円(目的価額により異なります
宣誓認証11,000円(文書の種類にかかわらず一律の額
  • 私署証書の謄本は、一律に、5,000円です。
  • 議事録は、一律に、23,000円です。